海外駐在員 マルタ共和国 訪問レビュー

地中海に浮かぶ島 マルタ共和国

マルタ共和国は地中海の真ん中、イタリアとチュニジアの丁度中間のあたりに位置する国です。温暖な気候、新鮮な魚介類にワイン、オリーブとこれぞ地中海と言った国です。

人口は50万人弱、イギリス連邦加盟国と言うこともあり、イギリスからの移民、長期滞在者も多いです。英語が公用語なのも旅行しやすい点のひとつですね。

特に競争力のある産業がある訳では無く、観光資源がメインの国ですが、のんびりとした休日を過ごしたい方にはお勧めの国です。

訪問した街

私が今回訪問したのは、マルタ島北部コミノ島、メリーハ、サンジュリアン、スリーマ、バレッタです。北部は人も少なく、中心部のバレッタ、スリーマにはないビーチもあるので海が好きな方は是非北部へ。

私が訪問したのは2019年の5月でしたが、早朝や夕方以降は薄手の長袖があると丁度良い気候でした。

空港からCIRKEWWA方面へ

私のマルタ訪問の第一の目的はダイビングでしたので、空港からCIRKEWWA方面に直接向かいました。空港からはX1のバスが北部へ出ているので、X1のバスで向かいました。確か2Euroだったと思います。空港から中心地近くを通るまでの道が混んでおり、また曲がりくねっているので1時間半ほどの道のりですが結構酔います。

コミノ島でのダイビング

ゴゾ島ダイビングとコミノ島ダイビングで悩みましたが、コミノ島ダイビングを選択しました。(日数の関係でどちらかしか難しかった)

選んだ理由は、何よりもコミノ島の海の青さを体験したかったから。それも海中から体験したかった。正解でした。魚影はむしろ日本で潜った方が余程楽しめますが、この海の青さは他では見たことありません。洞窟探検も楽しめます。

2本ダイビングしましたが、初回が洞窟ダイビング、2本目が沈船ダイビングでした。沈船ダイビングは紅海で潜った時の感動が大きすぎたので、余り感動しませんでした。

 

バレッタ、スリーマ、サンジュリアン観光

ダイビング後はスリーマに移動し、スリーマに宿泊しながらバレッタ観光行いました。(北部からスリーマまでは、ダイビングショップのイギリス人スタッフが送ってくれました。こういったホスピタリティも嬉しかったです。)

 

バレッタにはスリーマからフェリーで数分です。街全体が世界遺産ということで、とても綺麗な街並みです。が、やはりそこは地中海、北アフリカの一部の都市との類似点も多く、私には余り新鮮さが無く1時間程度の散策で街歩き終了してしまいました。

 

私としては地中海の太陽を浴びつつ、スリーマやサンジュリアンの海沿いの道を歩いて美味しいものを食べたり、ビールを飲むのが幸せでした。中心地でも、マルタの海は綺麗です。泳いでる人も多く、豊かさを感じました。

f:id:KaigaiChuzaiPokemon:20191116185306j:plain

f:id:KaigaiChuzaiPokemon:20191116185310j:plain

f:id:KaigaiChuzaiPokemon:20191116185413j:plain

マルタ料理

マルタ料理はイタリア料理の影響を強く受けていると感じました。イタリア料理とイギリス料理、一部フレンチも混ざったような、それでいて独特な料理です。

 

私がディナーで訪れたのは、他のブログ等でも評価の高かったスリーマにあるTa Kris。19時頃訪問しましたが、既に満席で若干待ったところで、レストランなのか只の通路なのか良く分からない席を案内されました。食べたのはブラジオリ、ミートボールを牛肉で巻いた非常にヘビーな料理です。赤ワインで煮込んでいるのか濃厚で、とってもおすすめです。

f:id:KaigaiChuzaiPokemon:20191116190023j:plain

f:id:KaigaiChuzaiPokemon:20191116190031j:plain

 

翌日、マルタ最後の昼食に選んだのはサンジュリアンのGululu。スリーマから30分ほど歩いたところで到着しました。食べたかったのは魚介のスープと、ウサギ肉のパスタ。魚介のスープは濃厚なスープを期待していましたが、あっさり系、これはこれで美味しいです。ウサギ肉のパスタはボロネーゼのウサギ肉版といったところ。

 

f:id:KaigaiChuzaiPokemon:20191116190417j:plain

f:id:KaigaiChuzaiPokemon:20191116190423j:plain

 

以上、地中海に浮かぶ小さな島、マルタ共和国。とってもおすすめです。

 

 

 

海外駐在で得られた経験 英語圏駐在での成長(TOEICも大幅アップ)

海外駐在で得られる経験

海外駐在で得られる経験は貴重なものです。もちろん、駐在期間中日本で過ごせないので様々なものを犠牲にする必要があります。特に大きいのはやはり人間関係で、家族との時間、友人付き合い(実際多くの結婚式に参加できず、結婚式に参加できないという事は準備も手伝えないので、友人付き合いへの影響大)の犠牲は大きいです。

 

それでも、犠牲や不満を強いてもまた海外駐在に出たくなってしまう(駐在中は帰りたくなる時も勿論ありますが)のは、やはり日本では経験できない様々な経験が出来て、成長を感じられることがあるからでしょう。

オーストラリアでの生活

駐在した国(出張した国も含め)の中で、ほぼ唯一の先進国はオーストラリアでした。オーストラリアでの生活は手に入らないものなどはほぼ無く、日本で食べるのとは比べ物にならない良質なオージービーフが簡単に手に入ったり、日々のバー通いが最高だったりと不便はほとんど感じませんでした。物価は全体的に高いですが、一般の人たちの給料も非常に高いのでQOLは非常に高いです。

バーで飲むビールは一杯1000円程度と高額でしたが、その分駐在員の手当も配慮されていたり、外食は軽く2000円は超えますが自炊すれば飲み会代は容易にねん出出来ました。

休日にはカフェに通い、オーストラリアの美味しいコーヒーとバターたっぷりのスクランブルエッグを食べるという、今の途上国生活では考えられない生活を送っていました。

オーストラリアの法律上、ワーキングホリデーの人でも当然法定最低賃金以上の給料を得られるので、ワーキングホリデーの人でも日本で普通に働く以上の給料を得ながら一定期間働く姿も見ていました。

オーストラリアを旅行

オーストラリア駐在中は、連休に様々な都市を旅行しました。中でも最高なのは、やはりグレートバリアリーフでのダイビング。大型のダイビングクルーズ船が多数就航していますので、日帰りだけでなく泊りでのダイビング、ナイトダイビングも楽しめました。

シドニーメルボルン、パースのような大都市は、住むのも旅行するのも非常に楽しめます。どこの都市も、ビール、ワイン、コーヒーがうまい。

宿泊予約は以下。

オージーEnglish

オージーEnglishは最初は中々慣れませんでした。英国Englishとも異なり、それでいて非常に早口で話す人が多かったです。只そこは移民大国オーストラリア、私が駐在していた現地支店では所謂オーストラリア人は少なく、イギリス、マレーシア、中国等様々な国から移民してきた人たちが働いており、そういった人たちと働く環境でしたのである程度皆英語のスピードには気を遣っていたので、働くのには大きな苦労はありませんでした。只、外部との会議や面談では当然苦労することもあったので、自宅でオージーmovieやドラマを観る事でも耳を慣らしていました。

 

海外ドラマを観るなら以下。(VPN必須)

海外ドラマバナー

帰国後のTOEIC

そんなオーストラリア駐在員生活を終え、帰国して受けたTOEICでは大幅に成績が上がっていました。それまでは、900点に届いた経験は一度もありませんでしたが帰国して一発目に受けたTOEICで初の900点越え。特別TOEIC用の勉強はしませんでしたが、さすがに駐在中の日々の書類作成でのReading/Writing力、日々の生活、仕事での会議や面談でのListening力向上で自然と英語力は上がっていたようです。勿論一番伸びたのはSpeakingだと思いますが、TOEICにSpeakingは無いので測れませんでした。

 

 

駐在員生活では多くの成長を実感することができ、現地の食べ物や景色、ダイビング等のアクティビティを楽しむこともでき、更に給料も日本にいるより貰えます。そんな駐在員生活、一度は経験すると人生の幅が広がるかと思います。

海外駐在員生活 買ってしまいましたポケモン剣盾

孤独な駐在員生活、ついつい日本では絶対に手を出さないような物に手を出してしまいたくなるものです。

 

これまでの駐在員生活では、持て余した時間を自己研鑽のため読書や資格取得の勉強、NetflixやHuluを観ながら過ごしてきましたが、ポケモンGoがリリースされて以来若かりし日のポケモンへの胸のときめきが復活。

 

そこに相まってのポケモン新作、ポケモン剣盾の発売です。買ってしまいました。今の時代、実際のソフトを持っていなくともインターネットでソフトがダウンロードできてしまう時代です。時差を生かしてリリースと同時に始めてしまいました。

 

俄然伝説ボスのかっこよさはソードが上、ソードを始めてしまいました。シールドは日本にいる妻にお任せです。

 

ポケモン金、銀以来およそ20年ぶり?のポケモンです。映像が当時と変わりすぎていて、おっさんには中々ついていくの辛いです。字幕が子供用のひらがな過ぎて辛いです。でも楽しみで仕方ありません。

 

任天堂 Nintendo Nintendo Switch Joy-Con(L)/(R) グレー [2019年8月モデル][ニンテンドースイッチ 本体 新型 ゲーム機本体]

価格:32,970円
(2019/11/15 05:09時点)
感想(12件)

ポケットモンスター ソード

価格:5,854円
(2019/11/15 05:15時点)
感想(36件)

海外ポケモンGo  伝説レイドバトルを成立させるコツ

海外ポケモンGo  伝説レイドバトルを成立させるには?

私が駐在に出る前、日本でポケモンGoは一旦下火になっていました。しかし、その後レイドバトルの登場、交換機能や対戦機能の実装で再度ブームに火が付き、2019年末の今でも大都市駅前はポケモンレイドを行う人で溢れています。一時帰国のたびに日本での伝説レイドバトルの成立しやすさに驚かされます。

私が初めてレイドバトルに参加したのは、途上国駐在を開始した後です。そのため、レイドバトル導入後、また今この瞬間もそもそもレイドバトルを成立させるのに非常に苦労しており、伝説レイドボスを入手するためにほぼ毎月ヨーロッパに出ている状況です。

そんな海外でのレイドバトル、これまでの経験から成立させるコツは①まずは有名観光地に行ってみる。②朝方よりも夕方が成立しやすい。③駅前を狙ってみる。 この3点に限ります。また、時間帯は必ず卵が孵化する直後を狙わなければなりません。日本の様に、いつ入っても大体レイド成立する国は非常に稀です。

FacebookやTelegramのポケモングループでレイドグループがある国もありますが、その国の言語で書いてあったり、一見様お断りな雰囲気のグループもあるので、中々ハードルが高いです。

私がポケモンGoを使用した国、都市

私がこれまでポケモンGoを使用したのは、日本を除くとイギリス- ロンドン、フランス- パリ、スペイン- バルセロナ/マドリード、ドイツ-フランクフルト/デュッセルドルフ/ドルトムント、トルコ-イスタンブール、エジプト-カイロ、モロッコ-マラケシュアルジェリア-アルジェ、セネガル-ダカールモザンビーク-マプト、南アフリカ-ヨハネスブルクがあります。

以下代表的な都市でのレイドバトル成立時の場所です。

バルセロナの場合

バルセロナではまずランブラス通りに行きます。グラシア通り、ランブラス通りに行きます。グラシア通りにはガウディ作品のカサバトリョがあったり、道が広々としておりベンチもあるので、人が集まりやすくレイドが成立しやすいです。ランブラス通りでのおすすめはブケリア市場前、ここも大抵レイド成立します。

マドリードの場合

マドリードではプエルタ・デル・ソル周辺がおすすめ。ポケモンジムも多くあり、レイド成立しやすいです。マドリード宿泊時、私はウエリントンホテルに宿泊し、その際エルレティーロ公園にも良くいきましたが、残念ながら余りレイドは成立しませんでした。ポケモン目当てであればまずはプエルタ・デル・ソル周辺です。

イスタンブールの場合

イスタンブールでは、残念ながら一度もレイド成立しませんでした。アヤソフィア周辺には多くのポケモンジムがあり、ゆっくりと座れるベンチもあるのに一度も成立せず。トルコではそもそもポケモンをするのに、VPNが必要だったと思います。

デュッセルドルフの場合

デュッセルドルフ駅では何度かレイド成立しました。駅以外では一度も成立しなかったです。日本人も多い街なので、旧市街にはレイド成立しやすいところもあるのかもしれませんが、私は駅前周辺でしか成功せず。

リスボンの場合

リスボンではロシオ広場でレイド成立しました。私が行ったのは丁度クリスマスマーケットの時期でしたが、ロシオ広場はマーケットも出ていて、美味しいホットワインを飲みながらゆっくりポケモンするには最高でした。バイシャ地区、ロシオ駅等もレイド成立し、楽しめました。

 

以上、日本と違い海外でレイドを成立させるのは容易では無いですが、集まりやすいポイントを狙って、黒卵が孵化するタイミングに合わせて行けば、チャンスはあります!

 

海外旅行、ホテルを予約するなら以下がおすすめです。

海外駐在員におすすめ クレジットカード

海外駐在員におすすめのクレジットカード!

海外駐在、海外旅行にクレジットカードは必須です。私自身駐在出発時、旅行時にはほとんど現金を持って出ないので、空港到着後は真っ先にクレジットカードでキャッシングします。(私のクレジットカード知識はにわか知識ですので、余り詳しくは書けませんが実際に使用しているカード、入会したいと思っているカードの感想を記載していきたいと思います。)

 

また、クレジットカードには海外旅行保険も付帯していますので、会社が加入してくれている海外医療保険以上の保証、損害保険もクレジットカードを利用することで加入可能です。

私が使用しているクレジットカード

実際に私が海外で使用しているクレジットカードは、現状は以下の3種類です。今後、ANA修行が完了次第スーパーフライヤーズカードも入会予定です。

 

楽天プレミアムカー

ビックSUICAカード

AMEX コーポレートカード

特におすすめ楽天プレミアムカー

私が圧倒的におすすめしたいクレジットカードは、楽天プレミアムカードです。

 

年会費は1万円かかりますが、カード入会するだけで15,000ポイント貰えますし、ポイント還元も1-5%と高還元率、海外旅行保険も十分な金額カバーされています。

 

何よりもおすすめなのは、楽天プレミアムカードの年会費たった1万円で追加料金なしでプライオリティパスに入会できる点です。

プライオリティパスとは

プライオリティパスとは、世界最大1300空港ラウンジへのアクセスを可能にするカードです。プライオリティパス単体で入会する場合は、$99で有料でラウンジに入れるステータスを、$299で10回まで無料でラウンジに入ることができるステータスを、$429で無制限で無料でラウンジに入ることが出来るステータスを得ることが出来ます。

 

プライオリティパスが使用できるラウンジは、すべてのラウンジという訳ではなくあくまで提携しているラウンジになり、日本国内では残念ながら成田も羽田も現在使用できるラウンジはありません。(かつては成田では航空会社ラウンジが使えましたが、現在は提携終了してしまったようです。)

 

しかしながら、シンガポールバルセロナを含むヨーロッパの多くの空港のラウンジでは航空会社ラウンジが無料で使用でき、エコノミークラス搭乗でも快適なラウンジ利用をエンジョイできます。私は旅行地が決まったら、必ずプライオリティパスで提携しているラウンジがあるか、またそのラウンジが航空会社使用ラウンジか、ゴールドカードラウンジか確認するようにしています。

 

ヨーロッパのラウンジ利用であれば、軽食やアルコールの利用で容易に元が取れます。空港内での飲食は軽く数千円行ってしまいますから。

 

そんなプライオリティパスが、楽天プレミアムカードであればたった年会費1万円で入会できるので、一番のおすすめなのです。

MIカードゴールド

MIカードゴールドは私は未だ持っていませんが是非入会したいと思っているカードです。駐在中は羽田空港を利用する機会も年に数回しかないため、入会を控えていますが帰国したら即入会するつもりです。(その前にANA修行が終えられれば入会はしませんが。)

MIカードの魅力は、たった年会費5,000円のカードなのに羽田空港のTIATラウンジへの入場が可能になる点です。TIATラウンジは普通のカードラウンジとは異なり、デルタ航空ハワイアン航空などの航空会社も使用するラウンジですので、アルコールの提供も軽食の提供もあります。

 

以上、私の利用しているクレジットカード、是非利用したいと思っているクレジットカード紹介でした。

海外駐在お役立ちサービス Netflix、Hulu、楽天マガジン等

海外駐在必需品 途上国駐在の場合

海外駐在生活は孤独なものです。海外留学であれば、ある意味友人を作って飲みに行く、パーティすることも勉強の内で、日々忙しく孤独を感じることもありません。私も大学時代は1年間留学した経験がありますが、試験期間以外は出来るだけ飲みに出かけたり、語学を磨くためにも積極的に外出するようにしていました。

駐在生活、特に途上国生活では知り合う人も基本は仕事の繋がりとなり、特別商売に関係のない人とであれば本当に友人関係になれることもありますが、多くの場合は何らかビジネスで繋がりのある方と知り合いになることが多く、心から寛げる関係になることは中々難しいです。

そんな駐在生活の助けになるのが動画サービス、電子マガジン、そしてKindle Unlimitedです。

動画サービス

私はNetflixとHuluを契約しています。

Huluは主にウォーキングデッドやゲームオブスローンズ等、最新作をできる限りタイムリーに観るために契約しています。Huluは基本日本国内でしか観られませんが、VPNを使用することで観ることが出来ます。が、VPN使用が必須のためHuluのためには私はタブレットを使用しています。このVPN選びもHuluは中々厳しく、使えるVPNが限られますがうまく見つけられれば、海外でも見ることが出来ます。

 

ハンドメイズ・テイル

 

Netflixは主にfire stickを使用し、テレビに差して大画面で観ています。Huluはほぼ世界各国で、VPN使用不要で観ることが出来ます。その国用のNetflixになるので、日本で観られるものとはコンテンツが違いますが、Suits、Prison breakと言った名作や、Strange thingsのようなNetflix original作品はほぼどこの国でも楽しめます。

電子マガジン

電子マガジンとしては、私は主に楽天マガジンを使用しています。特別コンテンツがおすすめで契約しているわけではありませんが、楽天系のサービス利用が多いので楽天マガジンを選びました。

メンズ雑誌のJoker、ポパイからスポーツのNumber、日経トレンディ東洋経済等幅広い雑誌を低価格で楽しむことがあります。会社によっては、雑誌や新聞の海外配送サービスを契約している会社もありますが、電子マガジンの方が遥かに格安で幅広い種類の雑誌を閲覧できますので電子マガジンがおすすめです。

Kindle Unlimited

夜寝る前には、Kindleで本を読みながら寝落ちするのが私の楽しみです。何分不便な駐在生活、赴任時の荷物は出来る限り食糧で満たしたいので、小説類も極力持ってこないようにしています。代わりに使用しているのがKindleです。登場人物の名前やキャラクターを忘れてしまったときに巻頭に戻るのが面倒など、紙と比べて不便な点も勿論ありますが、それでもやはり電気もいらず、荷物にもならないKindleはおすすめです。

Kindle Unlimitedは定額で大量の本が読み放題になるサービスで、私も多用しています。一度にダウンロードできるのは10冊と限度はありますが、まぁ十分でしょう。

私は主に新書系の本や小説を読んでいます。人気作家、池井戸潤さんの本や、ホリエモンさんの本も読み放題に入っています。

海外駐在員の出張 ネット接続に関して

駐在員の出張時のネット接続

海外出張時、財布とパスポートの次に重要なのはスマホ、ネットワーク接続環境です。ネットワーク環境さえあれば例え途上国でも空港からホテルへの移動や、ちょっとした街中の移動も怖くありません。ヨーロッパやアメリカでUberを使い慣れた人であれば、空港到着後簡単にUberでホテルまで移動できます。メータータクシーよりも確実に信用でき、ホテル手配のタクシーよりも遥かに格安で移動できます。私はUberをインド、エジプトで使用し、安全に移動することが出来ました。

そんなUberを使用するにも必須なネット接続ですが、海外出張に出る上司や同僚を見ていて、何故そこまでネット接続に無駄遣いをするんだと思うことが多々あります。

毎回出張時にモバイルWifiをレンタルする上司(おっさん)

私の日本勤務時の上司は、頻繁に出張に出る人で私も初出張はその上司と共に出張でした。初出張は今では考えられないロンドン、かつては先進国駐在の道もあったのかもしれません。。。

そんな上司との出張ですが、出張に出る前に言われたのが「モバイルWifiレンタル忘れるなよー」。

そういうものかと思い、大人しくレンタルしてしまいました。しかし、これがとんだ間違いでした。その際の出張は、元々ロンドンだけの予定でしたが途中でパリにも行くことになってしまい、レンタル元に連絡しましたがロンドンだけでしか使えない設定になっているのでパリでは使えませんよと。パリは2泊のみでしたが、ホテルでしかネットが使えないという非常に不便な思いをしました。当然Uberも使えません。

空港でその場で借りられる某Wifiレンタルショップでは、イギリス用のwifi1日あたり1,500 - 2,000円程度します。1週間で軽く1万超えます。返却の手続きも面倒です、出張後なんてすぐに帰りたいのに、返却カウンターに行くという厄介な作業が発生します。

データローミングする上司(おっさん)

私のかつての駐在先にいた上司は、駐在地でこそ現地Simを使用していましたが、駐在先からの出張では毎回日本のSimカードをデータローミングして使用していました。1泊程度の出張であればそれも有りでしょう。しかし、1日1,000円程度のデータローミング代を1週間、10日の出張で払い続けますか。

コスパや使い勝手を考えても、現地SIM購入しか無いでしょ

私はかつてのモバイルルーターの不便さ、金額の高さの経験から、海外出張時には必ず現地Simを購入するようにしています。ヨーロッパへの出張であれば、基本的には1枚Simカードを持っていればヨーロッパ中ローミング料金掛からずローミングできるというSimが多いので、私は1枚のSimカードを使いまわしています。

アフリカの大抵の国でも、空港でSimカード非常にお安く購入できます。Simカードだけであれば無料で配り、チャージだけしてくださいという国も良くあります。

ヨーロッパであれば、2,000円~3,000円程度、アフリカ諸国であれば大体1,000円未満で3-5GBのデータ通信ができるSimカード購入できます。大体1か月期限です。

現地SIM例

おすすめの現地Simは何といってもVodafoneかOrangeです。国によって違いますが、私はヨーロッパ出張、旅行時には必ずスペインで購入したOrange Simを持っていき、それをSim Freeスマホに入れて使用しています。同行者を待たせるのも気まずい時があるので、基本的には出発前にインターネットでTop-upし、現地に到着したらすぐ使用できるようにしています。私が使用しているOrange Simでは、毎回15 Euro支払うと3GBチャージできています。

これをスマホにさし、テザリングしながら2台持ちのポケモンGoを楽しむわけです。

 

現地Simカードを使用するのに必須のSim Freeスマホ。おすすめはDual Simのスマホです。私は2台のDual Simスマホを使用しているので、4枚のSimカードを使用できます。1枚は日本のSim、1枚は駐在地のSimを入れて不測の事態に備え、1枚は現地Simを通信用に入れ、もう1枚は近々出張のありそうな国のSimを入れたり、無くしたくないSimを入れたりしています。